TPLO

TPLOとは


TPLOとは前十字靭帯損傷(部分断裂、完全断裂)における手術法です。

従来は、関節外法(LFTS:外側種子骨脛骨縫合)という糸などを用いて、前十字靭帯の代わりに膝関節を安定させる方法が主流でした。

ただ、中〜大型犬において糸にかかる負担が大きい場合、膝関節が安定する前に(一般的には約2ヶ月)糸が切れてしまう事があります。

TPLOは脛骨の骨切りによって膝関節の運動力学を変えることで安定性を獲得する新しい方法です。機能回復の長期的な到達度や回復までの早さ、中型犬以上の子に適応できるなど様々なメリットがあります。

ご興味のある方はお気軽にご相談ください。